Loading

書籍詳細

会社の「取引」から学ぶ 簿記・企業会計・税務入門

Introduction to bookkeeping, corporate accounting, tax practice to learn from company business

  • 【著者】染谷 英雄
  • 定価:¥2,400+税
出版社: レクシスネクシス・ジャパン(2015/7/27)
ISBN-13: 9784908069260
発売日: 2015/7/27

ビジネス法務パーソンに人気のセミナー講師が、
<会計-業務プロセス-内部統制-税務>分野別に必要な知識を要点解説。
ビジネスリスク・コンプライアンスのアングルから、
「会計・税務」の基礎・基本が立体的・横断的にわかる。
【本書のポイント】
・主に新任の法務・審査担当者向けに、決算書の基本的な構造や会計上の「取引」の概念、さらには法人税をはじめとする企業活動に関わる諸税制の概略等を解説。
・法律上の問題と会計・税務の問題の異同についての基本的な知識を身に付け、それぞれの交錯点を把握できる。
・Section1では企業会計の全体像を企業経営と関連づけて、制度会計・財務会計・管理会計などの側面ごとに概説。
・Section2では、原始取引から財務諸表ができあがるまでの一連の過程を述べるとともに、貸借対照表・損益計算書の基本構造を解説。また、各種の取引が企業会計上どのように取り扱われるか、それらの取引はどのように開示されるか等々について説明。
・Section3では、販売・購買・在庫管理など企業内部で実際に行われている各種の業務プロセスを説明するとともに、これらの業務処理がどのように企業会計に反映されているかを会計処理として説明。
・Section4では、先述のプロセスの基本となる内部統制の考え方を企業内部で生じやすい不正の事例とともに説明。
・Section5では、過年度の決算書が誤っていた場合にどのような取り扱いになるのか、粉飾決算の事例も踏まえて説明。
・Section6では、各種の取引を行うに際して欠かすことができない税務面での考え方を国内税務と国際税務に分けて解説し、株式譲渡や増資、合併などにおける税務上の留意点を解説。

目次情報

Section 1 企業会計の全体像
Ⅰ 企業会計のあらまし
Section 2 貸借対照表・損益計算書ができるまで
Ⅰ 簿記一連のプロセス
Ⅱ 財務諸表と勘定科目
Ⅲ 簿記・会計上の「取引」と契約上の「取引」
Ⅳ 取引と開示(公開開示)の基本
Section 3 業務プロセスと会計処理
Ⅰ 業務プロセスの全体像
Ⅱ 販売プロセス
Ⅲ 債権管理プロセス
Ⅳ 購買プロセス
Ⅴ 在庫管理プロセス
Ⅵ 固定資産管理プロセス
Ⅶ 人事給与プロセス
Ⅷ 決算プロセス
Section 4 内部統制~取引(財務の健全性等)を確認する手段としての「経営組織と会計組織」の仕組み
Ⅰ 概論
Ⅱ 目的と基本要素
Ⅲ 内部統制の限界
Ⅳ 個人情報保護法との関係
Ⅴ 公益通報者保護法との関係
Ⅵ 不正につながる要因とその除去
Section 5 決算書をめぐる諸問題
Ⅰ 過年度の決算が誤っていた場合
Ⅱ 会計上の変更と誤謬の訂正
Ⅲ 会計方針の変更、表示方法の変更
Ⅳ 見積りの変更
Ⅴ 誤謬の訂正
Ⅵ 粉飾決算
Ⅶ ㈱IHIの事例
Section 6 企業会計と税務会計
Ⅰ 法人税
Ⅱ 消費税
Ⅲ 印紙税
Ⅳ 源泉所得税
Ⅴ 国際課税
Ⅵ 税務調査とビジネスリスク、コンプライアンス

〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1 丁目ビル6階
お問合せ先:books@lexisnexis.com

Copyright © 2009 LexisNexis, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.