Loading
  • Book Store TOP
  • 書籍 >
  • レベルアップをめざす企業法務のセオリー 応用編 ―一段上の実務とマネジメントの基礎を学ぶ―

書籍詳細

レベルアップをめざす企業法務のセオリー 応用編 ―一段上の実務とマネジメントの基礎を学ぶ―

NEW

Theory of Corporate Legal Affairs, Enhanced Edition test

  • 【著】瀧川 英雄
  • 定価:\2,500+税
出版社: レクシスネクシス・ジャパン(2015/12/12)
ISBN-13: 9784908069369
発売日: 2015/12/12

東証一部上場企業の現役・法務部長の経験則を、多様な法務業務のフレームワークに落とし込み、全国の企業法務担当者の大反響を呼んだ『スキルアップのための企業法務のセオリー』。
続編となる本書では、読者の要望に応えて、一段上の「スキル」と「セオリー」を解説。さらに法務部門の「マネジメント」の実務までを公開する。好評のオリジナル法務研修資料は88点を収録。

法務業務のアウトプット創出力を身につける「法務業務遂行スキル」(第1部)は、「プレゼンテーション」や「トップへの報告」といった業務における「法務の切り口」を紹介。
案件ごとのゲームのルールを知り、対応力を高める「典型的な法務案件のセオリー」(第2部)は、進出から撤退までの事業展開に沿って、「海外進出」「M&A」「事業撤退」など、高レベルな案件処理の「セオリー」を解説する。
著者自ら実践する「法務部門のマネジメント」(第3部)のノウハウは、法務担当者のキャリア設計の際の有意義な指標となるだろう。
業務の要点を押さえたオリジナル法務研修資料は88点を収録。

前作で学んだ「スキル」と「セオリー」を糧に、さらなるレベルアップをめざす読者に贈る、企業法務実務解説書の決定版。

(「はじめに」より)
本書に記した内容も、私が今までに対応した業務や経験、他の人から伺った話などを一般化してお示ししたものです。本書の内容を参考にしていただくとともに、今後はさらに、読者の皆様方自身が、経験されたことを一般化して、自らの「セオリー」を生み出し、後進の方々に伝えていただければと思います。

目次情報

<第1部 企業法務遂行スキル>
第1章 一般化する力・応用する力
第2章 答を創るということ
第3章 プレゼンテーション
第4章 トップへの報告

<第2部 典型的な法務案件のセオリー ―進出から撤退まで―>
第1章 海外進出(現地法人の設立)
第2章 基本合意書(契約締結前の合意)
第3章 M&A
第4章 合弁事業(ジョイント・ベンチャー)
第5章 労務案件
第6章 事業撤退

<第3部 法務部門のマネジメント>
第1章 法務部門責任者の役割
第2章 法務部門の役割・ミッション
第3章 法務部門の人材獲得・育成
第4章 法務部門の予算と経費管理
第5章 法務部門の活動計画

〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1 丁目ビル6階
お問合せ先:books@lexisnexis.com

Copyright © 2009 LexisNexis, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.