Loading

書籍詳細

ベンチャー経営を支える法務ハンドブック

NEW

Law Handbook of the Management of a venture business

  • 【著】橘 大地
  • 定価:本体 2,700円+消費税
出版社: レクシスネクシス・ジャパン(2016/4/15)
ISBN-13: 9784908069505
発売日: 2016/4/15
商品の寸法: A5判

「実務指向のベンチャー法務書」決定版!

スタートアップ・ベンチャー企業の活躍が日本国内においても本格化する一方、株式上場(IPO)後のガバナンスについて不安視する声も上がっている。このような社会的背景の中、目覚ましい発展を遂げるベンチャー企業を支える法務戦略を、メガベンチャー企業の社内経験を持つ、ベンチャー企業法務の専門家である弁護士が実務的観点から法務を解説。抽象的な法務解説ではなく、実例も用いた解説書。

目次情報

第1章 ベンチャー企業の概況
第1節 日本におけるベンチャー経営への期待の高まり
1 ベンチャー企業の一般的定義と本書の対象
2 ベンチャー企業を取り巻く環境の変化
3 ベンチャーファイナンスの概況
4 IPO(新規株式公開)社数の増加
5 日本が生み出したメガベンチャー企業とエコシステムの循環
6 ベンチャー企業の業種の拡大と規制
第2節 シリコンバレーのベンチャーエコシステム
1 シリコンバレーのエコシステムとは
2 シリコンバレーが生み出した歴史を変えた企業
3 日本をシリコンバレーのような起業家育成地域にするためには
第3節 ベンチャー企業の発展に応じた法務戦略
1 ベンチャー企業のステージ
2 ベンチャー企業のステージに応じた法務戦略
第2章 スタートアップ段階で講じる法務戦略
第1節ベンチャー企業誕生の瞬間
1 株式会社とそれ以外の設立モデルの比較
2 株式会社の設立方法
3 取締役会・監査役などの機関設計はどのように設計すべきか
第2節 共同創業者との株式配分と資本政策の重要性
1 共同創業者との株式配分をどうすべきか
2 資本政策の重要性とその考え方
3 株式は今後希薄化する
第3節 エンジェル投資家と株主間契約
1 エンジェル投資家
2 株主間契約の重要性
第3章 ベンチャーファイナンスとベンチャーキャピタル
第1節 ベンチャーファイナンスとは
1 ベンチャー企業の資金調達方法
2 エクイティファイナンスの重要性
第2節 優先株式を用いた資金調達
1 優先株式とは
2 なぜ優先株式を用いたファイナンスが増えているのか
第3節 優先株式を用いた投資契約書の設計方法
1 優先分配権と参加/非参加型
2 プットオプション・コールオプション
3 先買権
4 強制売却権(Drag Along条項)
5 表明保証
6 契約違反時の買取り条項
7 資金使途
8 役員・オブザーバー
9 投資後の義務
10 事前承認・報告義務
第4節 ベンチャーキャピタルとその役割
1 ベンチャーキャピタルとその種類
2 ベンチャーキャピタルの仕組み
3 ベンチャーキャピタルによる投資までの道のり
4 ベンチャーキャピタルの利益構造
5 シードアクセレーター
第5節 シリコンバレーのベンチャーファイナンス
1 シリコンバレーにおけるコンバーティブルノート普及の理由
2 コンバーティブルノートで定める内容
3 コンバーティブルノートの日本導入に関する考察
第4章 最新のベンチャービジネスと法規制の概要
第1節 ベンチャービジネス領域の拡大と現代倫理
1 ベンチャー企業の一般的定義と本書の対象
2 ベンチャービジネスにおける規制の解説
第5章 ベンチャー企業を支える労務戦略
第1節 ベンチャー企業が採るべき労務戦略とは
1 ベンチャー企業の一般的定義と本書の対象
第2節 ベンチャー企業の採用方法と法律上の注意点
1 ベンチャー企業の採用方法
2 インターンシップを通した採用活動の高まりとその法的設計
3 他社人材の引抜き時・他社への人材流出防止の設計
第3節 常駐の正社員以外のリソースと法的設計
1 常駐の正社員以外のリソース活用方法
2 在宅勤務者の法的設計
3 契約社員の法的設計
4 業務委託先の法的設計
5 派遣社員の法的設計
6 アルバイトの法的設計
第4節 社員を活性化するベンチャー人事戦略
1 就業規則と社内規程の有効活用
2 社員を盛り上げる社内制度
3 ストックオプションの導入とその設計
第5節 労働時間管理とベンチャー企業による残業代問題
1 労働時間と残業代の発生根拠
2 年棒制・裁量労働制の導入と労働管理
3 ベンチャー労務の活用方法
第6節 従業員とのミスマッチが生じた場合
1 従業員とのミスマッチ
2 日本における解雇規制のルール
第6章 ベンチャー企業の知的財産戦略の最大化
第1節 イノベーションを生み出すベンチャー企業の知的財産戦略
1 ベンチャー企業による知的財産権との関わり
2 知的財産権の概要
第2節 ベンチャー企業による特許戦略
1 ベンチャー企業による特許戦略の構築方法
2 IoTベンチャーが採るべき知的財産権戦略
第3節 従業員の発明と職務発明制度
1 従業員の発明の推奨
2 職務発明制度とは
3 ベンチャー企業が採るべき職務発明制度
第4節 他社の類似サービスと著作権法上の注意点
1 他社の類似サービスを参考にしたい
2 釣りスタ訴訟判決
3 他者が有する著作物の引用問題
第5節 ベンチャー企業による商標戦略
1 ベンチャー企業による商標権の活用判断
2 音や色も商標出願可能に
第7章 ベンチャー企業のイグジット戦略
第1節 IPOとバイアウトと日本のエコシステムの連動
1 イグジットの種類
2 IPOとバイアウトのメリット/デメリットの分析
第2節 IPOを取り巻くプレイヤーとその機能
1 会社の機関
2 監査法人
3 証券会社
4 株式事務代行機関
5 証券取引所
第3節 IPO準備のスケジュールの概要
1 IPOスケジュールの全体像
2 IPO準備の内容
第4節バイアウト時の法務問題
1 バイアウト時の法務総論
2 デューデリジェンス
3 バイアウト時の契約交渉のポイント

〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1 丁目ビル6階
お問合せ先:books@lexisnexis.com

Copyright © 2009 LexisNexis, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.