Loading

書籍詳細

B2B取引コンプライアンスバイブル―競争法的コンプライアンスの理論と実践

B2B取引コンプライアンスバイブル―競争法的コンプライアンスの理論と実践(単行本)

競争法的観点でB2Bをとらえた、現在日本で唯一の解説書

【在庫無し】

  • 井上 朗
  • 定価:¥ 5,250
単行本: 440ページ
出版社: レクシスネクシス・ジャパン(2006/11)
ISBN-10: 4841904352
ISBN-13: 978-4841904352
発売日: 2006/11

B2B―企業間電子商取引。近年の飛躍的な技術の進歩とビジネスのスピード化・グローバル化に伴い、インターネットを利用した企業間の電子商取引市場が注目を集めています。しかし、日本では、B2B上で発生する競争法関連の実務的問題点について十分議論が深まっているとはいえません。
本書は、B2B取引を行う企業が競争法違反に陥らないよう、コンプライアンスの方法を提示することを目的としています。著者オリジナルのコンプライアンス・マニュアルを掲げるともに、B2B先進国である米国での議論や豊富な事例をもとに、経済学的分析までを用いて、B2B独特の競争法的問題点を詳細に解説しています。
競争法的観点でB2Bをとらえた、現在日本で唯一の解説書として、企業法務担当者、競争法実務に携わる弁護士の方等に必携の一冊です。

目次情報

競争法コンプライアンス・マニュアル

第1部 はじめに
第2部 総論

 第1章 B2Bとは何か
 第2章 B2Bに対する競争法的検討の必要性
 第3章 B2Bに対する競争法的検討の枠組み
  第1節 米国における検討の枠組み
  第2説 日本における検討の枠組み

 第4章 B2Bに対する競争法的規制指針
  第1節 米国における現状
  第2節 日本における現状
 
 第5章 問題点の整理
  第3部 各論
 
 第1章 各論で取り上げる問題点の位置付け
 第2章 B2B上の取引の競争的観点からの特徴
  第1節 取引市場の特徴
  第2節 競争促進的特徴
  第3節 競争阻害的特徴
  第4節 買手寡占合意(Oligopsony Agreement)に対する競争法的分析
  第5節 B2B市場間競争の競争法上の諸問題
 
 第3章 B2B取引における競争法的コンプライアンス
 第4部 結語
資料
用語索引
判例索引

〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1 丁目ビル6階
お問合せ先:books@lexisnexis.com

Copyright © 2009 LexisNexis, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.