Loading

書籍詳細

実践 民事弁護の基礎―訴え提起までにすべきこと

実践 民事弁護の基礎―訴え提起までにすべきこと(単行本)

民訴法の教科書では触れられない実務的知識・経験談を豊富に盛込んだ必携の書

【在庫無し】

  • 小島 武司監修
  • 定価:¥ 3,675
単行本: 253ページ
出版社: レクシスネクシスジャパン(2008/02)
ISBN-10: 4841904913
ISBN-13: 978-4841904918
発売日: 2008/02

新人弁護士の教科書として広く親しまれた「民事実務手続シリーズ・民事実務読本」(東京布井出版)。本書は、このシリーズから訴え提起前にテーマを絞り、民事訴訟法ほか諸法の改正や新たに制定されたADR法などにも対応するよう解説を改めた新バージョンです。

通常の民訴法の教科書では触れられない弁護士としての実務的知識・経験談を豊富に盛込み、現代のロースクール生や司法修習生、若手弁護士にも必携の一冊といえます。

目次情報

序 章
第1章 相 談
第2章 事実調査と情報・資料の収集
第3章 受任後訴提起等までの間の処置―示談交渉
第4章 法的手段の選択
第5章 証拠保全と訴え提起前の証拠収集
第6章 民事保全
第7章 民事実務の源流と躍動―相談・交渉・ADRを中心に

あとがき
事項索引

〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1 丁目ビル6階
お問合せ先:books@lexisnexis.com

Copyright © 2009 LexisNexis, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.