Loading

書籍詳細

BUSINESS LAW JOURNAL (ビジネスロー・ジャーナル) 2016年9月号 [雑誌]

【特集】紛争リスクの高い労務トラブルへの対応 メンタルヘルス・ハラスメント・残業代問題
【Basics】「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」平成28年改訂のポイント

ISBN-13: 491-0176670968

従来は人事・労務部門が独自に対応していた労務トラブルについて、法務部門のサポートが求められるケースが増えている。
紛争リスクを見極め、会社にとって大きなダメージなく問題を解決するために、どのような法的サポートをすればよいか。
本特集では、結果を左右する対応のポイントについて、裁判例等の紛争事例を基に解説する。

目次情報


【特集】紛争リスクの高い労務トラブルへの対応 メンタルヘルス・ハラスメント・残業代問題

  近時の労働紛争の傾向と法務に求められる役割の変化
  倉重公太朗 弁護士

  メンタルヘルス
  丸尾紫乃 弁護士 / 丸尾拓養 弁護士

  ハラスメント
  今津幸子 弁護士

  未払残業代・定額残業代
  小鍛冶広道 弁護士 / 湊 祐樹 弁護士

  法務部門としてどのように関わるか 5社の視点から
  CASE 01 迅速な初動で労働者側とのスピード競争を制す
  メーカー 法務部長
  CASE 02 問題を深刻化させないためのサポートに注力
  サービス 法務担当者
  CASE 03 パワハラ・メンタルヘルス問題は根本原因への対処を
  メーカー 法務部長
  CASE 04 人事部門・外部弁護士との役割分担
  サービス 法務部長
  CASE 05 トラブルが起きにくい社風
  メーカー 法務部長

  [Interview]労働者側代理人から見たハラスメント問題がこじれる理由
  棗 一郎 弁護士



【法令関連情報Basics】「電子商取引及び情報財取引等に関する準則」平成28年改訂のポイント

  稲益みつこ 弁護士
  山内貴博 弁護士
  森 亮二 弁護士

  



〒106-0044 東京都港区東麻布1-9-15 東麻布1 丁目ビル6階
お問合せ先:books@lexisnexis.com

Copyright © 2009 LexisNexis, a division of Reed Elsevier Inc. All rights reserved.